各種油圧ジャッキ

各種油圧ジャッキ

 

油圧ジャッキの力の発生は、

パスカルの法則に基づく物理現象です。

 

ピストン面積が大きいほど、より大きな力が発生します。

内部圧力が大きいほど、より大きな力が発生します。

 

大瀧ジャッキの油圧ジャッキは、超高圧・コンパクト設計に

より、小さなボディで大きな力を発生します。

物上用油圧ジャッキ

物上用油圧ジャッキ

 

物上げジャッキは、持上げるだけでなく、重量物を下げることもできます。 

・200kN~12000kN

・20mm~400mm

     ストローク

 

 

CH型油圧ジャッキ

CH型油圧ジャッキ

 

ジャッキの中心に穴が開いているので、鋼棒等を使用して重量物を引き込むことができます。

・100kN~14000kN

・50mm~1500mm

     ストローク


ラムチェア

ラムチェア

 

CH型油圧ジャッキと合わせて使用します。

テンションロッドのナット盛替え時に使用します。

試験用油圧ジャッキ

試験用油圧ジャッキ

 

受け面が球座になっているので、重量物を直接受けることができます。

 

・50kN~2000kN

・150mm~200mm

     ストローク


両端クレビス付き油圧ジャッキ

両端クレビス付油圧ジャッキ

 

クレビスを使用し、重量物の押引きをすることができます。

 

・100kN~1200kN  

・600mm~1700mm

     ストローク

トラニオン油圧ジャッキ

トラニオン油圧ジャッキ

 

トラニオン部を反力部とし、重量物を押すことができます。 

トラニオンとは、旋回する部品の回転軸となりつつそれを保持する、円筒形の突起の意味です。


補修用油圧ジャッキ

補修用油圧ジャッキ

 

補修用油圧ジャッキは、既設橋梁の補修工事における沓交換の為のジャッキアップを目的とします。

H形鋼クランプ装置

H形鋼クランプ装置

 

H形鋼材のフランジ部を、油圧によるクサビの締め付けによってクランプし、推進ジャッキによって重量物を移動させる際の反力を発生させる装置です。


スライドベース

スライドベース

 

一般に使用されるH形鋼材を軌条とし、重量物を移動させる装置です。

重量物移動装置

重量物移動装置

 

スライドベースに搭載した重量物を、H型鋼クランプ装置と、ロングストロークジャッキ の伸長・収縮の繰り返しによって、H型鋼を軌条として水平移動させる装置です。


レールクランプ

レールクランプ

 

レールクランプは、油圧力によって鉄道レールを直接クランプする装置です。

送り台

送り台

 

桁架設時の沓位置調整など、重量物のX-Y方向を微調整するための装置です。


仮受け用油圧ジャッキ

レールクランプ

送出し設備等の仮受けジャッキとして使用します。