各種油圧ジャッキ

スライドベース(PAT)

スライドベースは、一般に使用されるH形鋼材を軌条とし、重量物を移動させる装置です。

●特殊な油圧機構による、摩擦係数の低減

  • スライドジャッキのスライド面は、テフロンの特殊な使用方法により鉛直荷重を分散するため、摩擦係数がμ=0.04程度で重量物の横移動が可能です。
  • スライド面は常に面接触により荷重が分散されるために、通常のH型鋼材が軌条として使用
    可能です。
  • すべり面が転がりで無く、方向性が無いことより、ガイドによってフランジ上部を直角移動させることが可能です。
  • 車輪の転がりと異なり、多少の摩擦が常に発生するため逸走等の恐れがありません。

●多機能を備えたすべり装置

  • スライドジャッキ本体には、鉛直方向に75mmストロークのジャッキを有しているので、反力の検出・調整が可能です。(1000kN)
  • 直角方向には、方向修正ジャッキが内蔵されていて、進行方向に対する重要物のズレを調整可能です。(±50mm)
  • また、フリーにした箇所は、軌条の設置誤差を吸収します。
仕様 図面                    

能力

[kN]

ストローク

[mm]

最低機械高

[mm]

受圧面積

[cm2]

圧力

[MPa]

所要油量

[L]

重量

[kg]

PDF DXF DWG 換算表
1000kN(500kN×2) TYPE-A 75 275 122.72×2 40.7 0.92×2 295 PDF DXF DWG PDF
1000kN(500kN×2) TYPE-B 75 275 122.72×2 40.7 0.92×2 295 PDF DXF DWG PDF
2000kN(1000kN×2) 75 345 201.1×2 49.7 1.5×2 580 PDF DXF DWG PDF
3000kN(1500kN×2) 100 435 268.8×2 55.8 2.7×2 812 PDF DXF DWG PDF
4000kN(2000kN×2) 100 400 314.2×2 63.7 3.1×2 849 PDF DXF DWG PDF